RECOMMEND
RECOMMEND
ソウ―SAW
ソウ―SAW (JUGEMレビュー »)
行川 渉, James Wan, Leigh Whannell, ジェームズ ワン, リー ワネル
RECOMMEND
RECOMMEND
ネバーランド
ネバーランド (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
おすすめ!
RECOMMEND
きみに読む物語
きみに読む物語 (JUGEMレビュー »)
ニコラス・スパークス, 雨沢 泰
新作映画で感動の嵐を巻き起こしてます。映画も観てきました!涙がちょちょぎれそうになってガマンするのに必死でした^^;
今度、私も本を読んでみようと思います。
かなりオススメです!
RECOMMEND
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3) (JUGEMレビュー »)
J.K. ローリング, 松岡 佑子, J.K. Rowling
RECOMMEND
RECOMMEND
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2)
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2) (JUGEMレビュー »)
J.K. ローリング, Joanne Kathleen Rowling, 松岡 佑子
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

映画の原作

<< ボーン・コレクター | main | ヴェロニカ・ゲリン >>
リプリー
リプリー
リプリー
パトリシア ハイスミス, Patricia Highsmith, 佐宗 鈴夫

!
20世紀を代表する偉大な犯罪小説の1つ、パトリシア・ハイスミスの『The Talented Mr. Ripley』(邦題『リプリー』)には、ヘンリー・ジェイムズの巧緻な語り口と、ウラジーミル・ナボコフの内省的なアイロニーがうまく混じりあっている。現代小説の傑作と呼ぶにふさわしく、本書は2種類の水準を満たしている。1つは、虚無的な性癖からヨーロッパへ殺人の旅に出るトム・リプリーという青年が語る物語として。もう1つは、創作手法に富んだ、説得力のある語り口の小説として。『Lolita』(邦題『ロリータ』)のハンバート教授のように、読者はトム・リプリーに感情移入し、ひきつけられていく。たとえ彼の行動がことごとく道徳的規準を無視していても。
| ミステリー・サスペンス | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.kuro.st/trackback/29898